ラーメンのフランチャイズ(FC)加盟を支援。味に絶対的な自信があります。

TOPICS

メニュー


社員紹介

教育部 新山 雄也

ウィズリンクブランドはどのようにして誕生したのか。
従業員の皆様に会社の歴史を理解して頂き、自社に誇りを持って業務に取り組んで頂けるよう取り組んでいます。
そして、それぞれの従業員がスキルアップ出来る環境を構築します。

1日の流れ

  • AM8:30 本社出社・清掃

    本社へ出社し、メールチェック並びに店舗から教育ツール・各種マニュアルに関してお問い合わせを頂いた場合は、詳細説明と共に理解を促します。
    本日は新人研修のため、予め厨房機器稼動チェック及び清掃を行います。
  • AM9:00 朝礼・幹部MTG

    本社の朝礼には本社社員全員が参加し、業務スケジュールを発表します。
    朝礼後は、社長、常務、そして私達幹部陣が集い、業務整理を行い、問題があれば部署の垣根を越えて皆で協調し改善に向け始動します。
  • AM10:00 新人研修(座学)

    午前中は新しく入社された方へ座学研修を実施します。
    ウィズリンクのブランドコンセプト研修、弊社が長年かけて練り上げた接客マニュアルに基づいて研修を行います。
  • PM12:30 昼食・休憩

    メリハリをつけ、休憩時は和気あいあいと過ごしてもらいます。
    緊張状態を緩和し、終日、集中力が途切れないようこちら側が配慮します。
  • PM14:00 新人研修(調理)
    本社1Fには試作そして研修を行う事を目的にしたトレーニングセンターが整備されています。
    店舗と同等規模の厨房機器が用意された、通称トレセンでは、設備から訓練内容に至るまでマニュアル統一化されています。
  • PM18:00 受講者へのフィードバック
    研修の最後に、理解度を確認するための効果測定(テスト)を行います。
    得意分野、苦手分野の摺り合わせを一緒に行い、翌日以降の課題を明確化します。これで初期研修1日目が終了です。
  • PM19:00 受講者カルテ記入・退社
    新人の理解度、業務習得進捗度合いをカルテに残し、本日一日の業務が終了します。時には退社後、新人の方と一緒に食事へ行き、コミュニケーションを図り、情報交換し信頼関係を築きます。

教育部としてのやりがい・使命・喜び
私達教育部は、教育・育成プログラムのシステム化を図り、社内講座の整備を行い人財育成を果たす事が使命であり、会社から求められている役割です。
具体的には新人へのOJT研修指導、既存従業員への定期講習、各種調理マイスターの取得促進、コンセプト研修を通じてブランドの価値観共有化等、多岐に渡ります。
また教育という視点で、1名でも多くそしてスピード感を持って社員を役職昇格させる仕組みを作り、フォローをする事で会社全体ベースでの戦力増強、並びに、お客様へのサービス提供向上を狙います。
私達教育部が育成指導した従業員が、店舗においてお客様よりお褒めのお言葉を頂戴したと耳にした際には、自分のこと以上に喜びを実感しています。

就職活動生の皆様へ
私がウィズリンクへ入社した時、学生時代、特に飲食店での勤務経験があった訳ではなかったので、何から勉強しようか迷いがありました。
当時の勝手なイメージでしたが、職人気質を全面に出した人が背中で覚えさせる、そういった事があるのではと個人的に思っていました。
入社しますとそういった事は一切なく、接客方法を統一するためのマニュアルが活用されていたり、全てのメニューにはお客様へ提供する商品品質レベルに関して、ビジュアル写真と詳細説明とがセットで明記された基準書が用意されていたりと、飲食チェーンブランドとして確立された印象を受けました。
弊社には私のように飲食未経験の方でも、育成指導し、スキルを高められる環境があるのでご安心ください。


PAGETOP

ページトップ
ページの先頭へ

Copyright © with link Inc. All rights reserved.